介護職「2025年問題」
~まもなく団塊世代が後期高齢者へ~
介護人材不足時代を
どう乗り切りますか?

キュレーションコーナー(お役立ち情報)

お役立ち情報一覧

介護人材不足…職場でこんな悩みはありませんか?

  • 定着率

    • 新人が、すぐに辞めてしまう
    • 若手が指示待ちで、自ら動いてくれない

    ※過去に働いていた職場を辞めた理由(複数回答)
    ~厚生労働省~
    • 法人・事業所の理念や経営のあり方に不満があった。(25.0%)
    • 職場の人間関係に問題があった(24.7%)
  • 生産性

    • ムダが多く改善の余地が多いのに、どうすればよいのか
    • ヒヤリハットが多く、クレーム・トラブルになる前に手を打ちたい
    具体的な課題
    ~受講者からの声~
    • 報告書などの書類が多い、会議や打ち合わせが多く長い
    • ヒヤリハット・クレーム・トラブルがなくならない
  • チームケア

    • 利用者とのコミュニケーションは問題ないけど社員間は…
    • みんなストレスがだいぶ溜まっている
    チームケアが必要なケース
    ~受講者からの声~
    • 「報告・連絡・相談+指示」ができていない
    • 自分の業務のことしか考えず、他メンバーのことに無関心

原因は「人生100年時代を生き抜く社会人基礎力」(経済産業省提唱)の低下かも知れません。

原因は「社会人基礎力の低下」かもしれません。
社会人基礎力とは?
すぐに辞めない!戦力になる!介護人材の育成。
経済産業省が推進する「社会人基礎力」を職場に取り入れるには?
STEP1診断ツールの利用

あなたの職場について、お尋ねします。

  • 第1問 ここ1年間で、法人・事業所への不満や職場の人間関係で辞めた人はいない
    はい・いいえ
  • 第2問 最近3ケ月以内に、新たに生産性を向上させる改善を実行しました
    はい・いいえ
  • 第3問 職場の人間関係や仕事の質・量などに、ストレスを感じることはありません
    はい・いいえ

ひとつでも「いいえ」があった方は、今すぐ無料メール講座を受けて「定着率・生産性・ストレス」の課題を解決してください。

今すぐ、メール講座(無料)体験から始めましょう!!
「定着率・生産性・チームケア トリプルUP無料メール講座」
<定着率UP編>
  • 第1回 所属する法人・事業所の理念・目標を確認してみましょう
  • 第2回 自身の強みをふまえて、個人の目標を設定してみましょう
<生産性UP編>
  • 第3回 職場に潜む課題は、この基本的手順で解決できます
  • 第4回 課題解決のポイントは、課題発見と解決策の策定・実行です
<チームケアの充実編>
  • 第5回 チームメンバーとしての役割認識と相互理解(職場内・施設内・他職種連携)
  • 第6回 「職業性ストレスモデル」をもとにストレス発生の原因を解明しましょう
<まとめ編>
  • 第7回 さあ「行動宣言」して、いよいよ職場での実践へ!
【メール講座受講者特典】

各能力スキルチェックシートをプレゼント

今メール講座をお申し込みいただいた方全員に、各回の講座内容を実践できる「定着率・生産性・チームケア トリプルUPシート」をプレゼント中。

※予定申込数に達するまでの特典ですので、お早めにどうぞ。

無料メール講座のお申込み

ただ今、最終段階です。完成次第ご案内いたしますので、今しばらくお待ち願います

STEP2研修プログラムの確認
  1. 3能力ダイジェスト版 ~定着率・生産性・チームケア~
    このようなかたへ:短期間に定着率・生産性・チームケアを学びたい方、他コースの入門編として受講したい方
  2. 定着率100%を目指して ~組織の考えと個人の考え~
    このような方へ:職員のモチベーションをアップし、定着率を飛躍的に高めたい方
  3. 生産性20%UPを目指して ~だれにでもできる課題解決~
    このような方へ:職場に潜む問題を確実に解決するスキルを習得したい方
  4. チーム力20%UPを目指して ~風通しのよい職場づくり~
    このような方へ:職場の風通しを良くし、目標に向けてメンバーが協力する強いチームをつくりたい方
日本キャリアートからお客さまへの3つのお約束
当サービスが適さない方
  • この研修で介護の専門知識を学んだり、専門スキルを習得したりしたい。
  • 介護関連の資格取得を目指しているので、少しでも合格の可能性を高めたい。
  • スクール形式で座って聴いているだけの方よく、意見交換するような演習形式は避けたい。
このページの先頭へ戻る